英語教育の今後について|NOVAバイリンガルKIDS【公式】

TOP

  • 生徒様ログイン
  • 資料請求
  • 校舎検索
  • 無料体験レッスン
  • レベル別レッスン
  • 安心の月謝制 料金について
  • 兄弟姉妹・親子でお徳に! 家族割
  • ワクワクドキドキ! 季節のイベント

2020年から日本の学校英語教育が大きく変わります

2020年からの日本の学校教育について

現在学校で学ぶ小学生たちが社会人になる頃には、日本は多文化、多言語、多民族の人達が強調・競争するような環境にあることが予想されます。そうした中では日本語以外の外国語を用いたコミュニケーションを取らなければならない機会が格段に増えていることは間違いありません。さらに東京オリンピック・パラリンピックの開催を間近に控え、急速に国際化が進んでいます。そうした背景を受け、小・中・高・大、いずれの学校教育においても、英語教育が根本的に見直されることとなりました。

小学校では2020年からは
英語活動が義務化されます。

生徒と先生

3年生から英語活動がスタート!
年間35コマの英語活動が義務化されます。(2018年から段階的に年間15コマの英語活動を導入するところもあります。)
具体的には
言語、文化についての体験的理解、英語の音声への慣れ、親しみ、コミュニケーションへの積極性を中心とした活動型学習とし、コミュニケーション能力の措地を養います。

生徒と先生

5年生からは英語“教科”として時間割に入ってくる!
英語教科として時間割に組み込まれ、すなわち成績もつくようになります。小学校卒業時点で600語〜700語程度の英単語を身に付け、現在の中学校での英語学習内容を学ぶことを前倒しで取り入れていきます。
具体的には
中学校への連続背を持たせながら、「読み」「書き」に慣れ親しみ、なじみのある定型表現を使って「聞く」「話す」というコミュニケーション能力も養います。
NOVAのレッスンでは
普段のレッスンからネイティヴ講師の英語を聞いているので自然と英語の音声に慣れることができます。
初級クラスのClass 5でアルファベット26文字の気をのフォニックス音、中級クラスのClass 4で文字を組み合わせたブレンド音、上級クラスのClass 3では文章の読み書きも学びます。
普段のレッスンから「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能をバランスよく学べるカリキュラムになっています。
週2回の受講で学べるカリキュラムでは5技能(スピーチなど)の習得を目指す内容になっており、小学生のうちから5技能を身に付けていくことができます。
1冊のテキストで平均200個の単語やフレーズが学べるので、小学校卒業時点の英単語習得目標量もクリアできます。
  • 無料体験レッスン
  • 資料請求

中学校では2020年からは
英語を活用することが必要となります。

生徒と先生

オールイングリッシュの授業がスタート
「英語をコミュニケーションのツール」として使用するアクティブラーニングを重視する授業・成績評価へと移行し、単語も単に知っている、理解している、だけではなく活用出来ることが必要となります。
指導語数の増加:1200語程度→2200〜2500語程度
具体的には
文法などのミスを重要視せず、例えば新聞記事を読んだりしてその概要を伝えるような、身近な話題についての理解や表現、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を養います。中学卒業時に英検®準2級程度の英語力を身に付けていることが目標です。
NOVAのレッスンでは
中学生クラスのテキストは、中学校で学ぶ文法をカバーしながら日常会話でよく使うフレーズも学べるので、無理なく「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を身に付けられます。
テキストに出てくる話題も、
「趣味のコレクションついて」
「スマートフォンの使い方を説明する」
「ゲームは悪影響を及ぼすか」…など
中学生にとって身近で、かつ話しやすいものが多く取り上げられています。
普段のレッスンでは講師やクラスメートと会話をしながら、これらのトピックを学び、宿題でしっかりとリーディングやライティングにも取り組みます。
  • 無料体験レッスン
  • 資料請求

高校では2020年からはスピーチのような
パフォーマンスの評価が検討されます。

高校生

実践的な英会話力を重視する授業・成績評価に!
「英語をコミュニケーションのツール」として使用するアクティブラーニングを重視する授業・成績評価へと移行します。単語を単に知っている、理解している、だけではなく活用できることが必要となります。また筆記テスト以外に面接、エッセー、スピーチのようなパフォーマンスの評価が検討されています。
指導語数の増加:3000語程度→4000〜5000語程度
具体的には
会話だけでなく、プレゼンテーションやディベート、ディスカッションといった様々なコミュニケーション能力を養います。その内容も身近な話題からさらに社会的な話題や時事問題について、など多岐にわたります。高校卒業時に英検®2級程度の英語力を身に付けていることが目標です。
NOVAのレッスンでは
Level 5では身近な話題からスタートし、レベルが上がるにつれ「問題に対する解決策を提案する」「環境問題について」「将来の目標・目的」など様々な場面での、英語力が試される内容が出てきます。
通常のレッスン以外にもライティングコースや、VOICEなどを組み合わせてご受講頂くことで目的に合わせた英語を習得していくことが可能です。
2020年以降の大学入試に採用される予定の民間の英語資格・検定試験(英検®、TOEIC®テスト、TOEFL®テストなど)。受験対策としてのこれら資格・検定試験対策のレッスンもご受講頂けます。
  • 無料体験レッスン
  • 資料請求

4技能を評価する大学入試共通テストまたは
民間の資格・検定試験を活用

小学校から英語教育が始まり、徐々に4技能を習得し、学校での成績・評価も変わることにより、大学入試も大きく変わります。大学入試センター試験はリーディングとリスニングを評価するマークシート方式のテストですが、今後は4技能を評価する大学入学共通テストまたは民間の資格・検定試験を活用していくことが決まっています。以下は採用される予定の資格・検定試験です。

各資格・検定試験とCEFRとの対照表

試験内容

  • 随時開催中! 是非ご予約下さい 無料体験レッスン
  • 情報満載! じっくりご検討下さい 資料請求

フリーダイヤル 0120-324929