TOP

英語好きが集まる英語漬けコンテンツ NOVA  LEARNING 01

KIKO'S_NOTEダイジェスト「使える!生きる!英語表現!」

  • Instagram
  • Facebook

KIKO'S_NOTEダイジェスト「使える!生きる!英語表現!」

NOVA公式のFacebookとインスタグラムで話題の「KIKO’S NOTES」。海外旅行や留学など、実際に現地で使える生きた英語表現を毎日配信しています。そんな「KIKO’S NOTES」からカテゴリー別で表現やクイズをご紹介します。

HOME> NOVA LEARNING > #01使える!生きた英語表現 > 01.すぐに使いたくなる英語表現

01すぐに使いたくなる英語表現

スピーカーイメージ1外国人講師の音声を再生できます
(※発音が難しい表現はスピーカーイメージ2で示します)

寒い日にはもうウンザリ

最近寒い日が続いてるね。早く春になってほしい!寒い冬にはウンザリ。。。

ウンザリって英語でいう時は、over を使えるよ。over は「ウンザリ」「疲れた」という意味。

The weather’s been so cold lately! I’m so over winter...

over は流行について話す時にもよく使われるよ。

I’m so over contouring. It looks like way too much work to me.
(小顔メイクにはウンザリ。やること多すぎ。)

KIKO'S_NOTEイメージ

fit, suit, match でコーディネートしよう!

今日はコーディネートを決める時に使える単語を紹介するね↓

fit は、洋服のサイズについて使う♪
→Those jeans fit you really well!
(そのジーンズ、サイズがぴったりね!)

suit は、洋服の色や柄が人の雰囲気や趣味に合う時に使う♪
→That skirt suits you!
(そのスカート、似合うね!)

match は、色や柄が他のものに合う時に使う♪
→Those shoes match your bag!
(その靴は、バッグとよく合うね!♪)

状況によって使い分けてみよう!

KIKO'S_NOTEイメージ

決められない時は、 up to you!

日本って、美味しいものがたくさんあるから、友達に「今日は何気分?」って聞いてみたら、 Up to you! だって。

「何する?」って聞かれた時に「(あなたに)任せるよ」って言う時に使える便利なフレーズ!

A: What do you feel like eating today?
(今日は何食べたい気分?)

B: Anything’s fine with me. It’s up to you.
(何でもいいよ。任せた!)

決めるのが難しい時とか、何でもいいや〜っていう時に、ピッタリなフレーズ♪

KIKO'S_NOTEイメージ

感情をこめて「いいね!」を伝えよう!

友達にいいことがあったり、いい知らせを聞いた時は、 Good for you! を使おう!

A: Hey, remember that interview from last week? I got the job!
(ねぇ、先週話した面接のこと、覚えてる?受かったよ!)

B: Really? That’s awesome! Good for you!
(本当?凄い!よかったね!)

でも!棒読みで言うと、「どうでもいい。。。」ってニュアンスになっちゃうから要注意!

KIKO'S_NOTEイメージ

Yes と No をカジュアルに言ってみよう!

質問に Yes か No だけで答えることが多いよね。

でもそれだけだと、ちょっと素っ気なく聞こえることも!
友達同士とかでは、もうちょっとフレンドリーな言い方もできるよ。

Yes. → Yup.   や Yep.
No. → Nope.  や Nah.

どっちもとてもカジュアルだから使う場面には要注意!

KIKO'S_NOTEイメージ

すっごく面白いことには、hilarious!

今までで一番面白かった映画は何?
その映画のこと、どんな風に伝える?

「すっごく面白い!」を英語で伝える時には、hilarious が使えるよ。

That movie was hilarious!
(あの映画、すっごく面白かった!)

ファニーでとても面白い友達がいたら、
You’re hilarious!
(あなたってとっても面白いね!)って言ってみよう☆彡

KIKO'S_NOTEイメージ

「そうそう!」って強く同感する時は、totally が使える!

Absolutely! や Definitely! のように「そうそう!(確かに!)」は、誰かに同意する時によく使われる表現。
同じ意味でカジュアルに言いたい時は、Totally! が使えるよ!

Absolutely! → Totally! 
You should definitely try it! → You should totally try it!
(ホントに試してみた方がいいよ!)

「そうそう!」って言いたい時は、totally を使ってみよう!

KIKO'S_NOTEイメージ

褒める時は、fabulousを使って☆

誰でも褒められたら嬉しいよね?

友達が「ステキ」だな、って思ったら、fabulous を使って褒めてみよう!
You look great!
よりもっと「ステキ感」を伝えることができるよ。

(◎)You look fabulous!
(△)You look great!

KIKO'S_NOTEイメージ

思わず出てしまう英語の一言

KIKO'S_NOTEイメージ

「おっと!」とか、「痛い!」をとっさに英語で言えたらカッコイイ!ちょっとした表現だけど覚えておくと◎!

今日は英語の思わず出てしまう一言をいくつか紹介!

Ugh!  =「むかつく!」と思った時に使う言葉で、
日本語の「うわ!」や「うぇっ!」に近い。

Ow! / Ouch!  = 「痛っ!」は本当に痛い時や、イタイ話を聞いた時にも使えるよ。

じゃぁ、Oops! (または「Whoops!」)はどんな意味?
Oops!  も Whoops!  も「おっと!」って言う意味だよ。
ちょっと間違った時や、誰かにぶつかりそうになった時とかに使えるよ!

Oops (Whoops), sorry!
(おっと!ごめん!)

How are you? からの脱却!

How are you? からの脱却!シチュエーションに応じて、
カジュアルに挨拶しよう!

“How are you?” “I’m fine, and you?”
みんな知ってるよね?☆

ただ、仲がいい友達にこの挨拶じゃ、ちょっと堅苦しい!
もうちょっとカジュアルな挨拶をしてみよう!

(〇)What’s up?
(△)How are you?

じゃあ、What’s up? に対する返事は?

(〇)Just (hanging out), you?
(〇)Not much, you?
(△)I’m fine, how are you?

使ってみてね♪

KIKO'S_NOTEイメージ

面接?引っ越し?生活が変わる一大事!を英語で言うと?

最近、仕事の面接とか、引っ越しとか、何か大きなことあった?
そういう場合には、big deal っていう表現が使えるよ!↓

This interview is a big deal - it’s for my dream job!
(この仕事は私にとって理想!だからこの面接は大事!)

big deal は「心配しないで」や「気にしないで」と言いたい時にも使えるよ。

A: Hey, I’m really sorry I couldn’t come to your birthday party.
(ね、誕生日パーティーに行けなくて本当にごめんね。)
B: No, no. It’s no big deal. Don’t worry about it.
(いやいや。大丈夫だよ。気にしないで。)

両方ともよく使われる自然な表現だから、覚えといてね!

KIKO'S_NOTEイメージ

「分かった」のカジュアルな言い方は?

getは色んな意味で使えるすぐれもの!今日は「分かる」っていう意味での使い方!
「get」=「手に入れる」って思いがちだけど、実は使い方がいっぱい!

その一つは、「理解する」や「分かる」☆
例を見てみよう!

(〇) I don’t get what you’re saying.
(△) I don’t understand what you’re saying.
(言っている意味、ちょっと分からない。)

カジュアルな会話ではunderstandの代わりにgetがよく使われるよ。

「了解」という意味で返事する時にも使えるよ☆

Hey, could you get me a coffee while you’re out?
(ね、外に出かけるならコーヒー買ってきてくれる?)
(〇) Got it!
(△) Okay. / I will.

便利&ナチュラルな表現だから、覚えておいてね!!

KIKO'S_NOTEイメージ

「今日は行き当たりばったりで、どうなるか見てみる。」

スケジュールはしっかり立てるタイプ?
それとも行き当たりばったりの方が好き?

自由が好きな人には今日の表現が向いているかも☆

I’m just going to go with the flow and see what happens.
(今日は行き当たりばったりで、どうなるか見てみる。)

go with the flowっていうのは物事の流れを受け入れて、臨機応変にすること♪

計画を立てないで行動する時に使ってみよう。

KIKO'S_NOTEイメージ

たまには土日でぼ〜っとするのもアリだよね。

週末はアクティブに外に出た方がスッキリする!のは分かってるけど、たまにはぼ〜っと過ごすのもいいよね。
そういう時は、zone out / space out が使えるよ。

After a long day, I like to just zone out and watch TV.
(長い1日のあとは、ぼ〜っとテレビを見るのが好き。)

She’s not even listening - she’s totally spacing out.
(彼女、ぼ〜っとしてて、全然聞いてない。。。)

意識が別のzoneやspaceに行っちゃう=ぼ〜っとする、って意味☆

KIKO'S_NOTEイメージ

そう言えば!を使って、話のきっかけを作ろう!何て言うかな?

そう言えば!を使って、話のきっかけを作ろう!

何かを思い出した時とか、話題を変える時に、「そう言えば」って日本語でもよく使うよね。英語で言う時は何て言えばいいんだろう。

英語では、by the way が使えるよ。

By the way, how was the event last week?
(そう言えば、先週のイベントどうだった?)

他に「〜と言えば」って前の話をきっかけに思い出したことを話す時は、speaking of を使うよ。

Speaking of the event, when is James’ birthday party?
(イベントと言えば、ジェームスの誕生日っていつだっけ?)

カジュアルな場面でも、ビジネスの場面でもよく使われる表現だから覚えておこう!

KIKO'S_NOTEイメージ

弱虫、と言いたい時

弱虫って言われたくないけど、誰でも苦手なものはあるよね?弱虫って言う時は、chicken って言うよ。

I'm such a chicken when it comes to horror movies.
(ホラー映画に関しては、弱虫になっちゃう。)

「ビビってやめてしまう」と言いたい時には chicken out が使えるよ。

I chickened out!
(ビビってやめちゃった!)

chickenって言われたくないけど、怖いものは仕方がない!

KIKO'S_NOTEイメージ

壊れた!をカジュアルに言うと?

「壊れた!」をカジュアルに言うと?

パソコンとかプリンターとか、使いたい時に限って壊れることあるよね。「壊れたし。。。」ってカジュアルに言いたい時には、busted が使えるよ。

My PC is busted!
(パソコンが壊れた!)

busted には「悪いことしてバレた!」って意味もあるよ。

I got busted sneaking out of the house last night.
(昨日の夜、家から抜け出そうとしたらバレちゃった。)

何かが壊れるのも、悪いことしてバレるのも、なるべくない方がいいけど、そういう時は使ってみよう (;’∀’)

KIKO'S_NOTEイメージ

シチュエーションに合った「がんばれー」を言いたい!

大変な時とか、ツライ時、がんばって!って言ってくれる友達がいると、うれしいよね。

英語で「がんばれ」って何て言う?
Do your best. も悪くないけど、いつでも使えるわけじゃない。

スポーツの試合とか、テストにチャレンジしている人には、Good luck の方がナチュラル!

Good luck on your test!
(テストがんばって!)
Good luck on the game tomorrow!
(明日の試合、がんばって!)

あと、誰かが大変な時は、Hang in there! と言ってあげよう!

I know job hunting is really stressing you out, but hang in there!
(就職活動って大変なのは分かるよ、でもがんばって!)

KIKO'S_NOTEイメージ