英語好きが集まる英語漬けコンテンツ NOVA LEARNING

NOVA LEARNING ダイジェスト「使える!生きる!英語表現!」

うさぎ

外国人講師の音声付き

「NOVA LEARNING」では海外旅行や留学など、実際に現地で使える生きた英語表現を、カテゴリー別にご紹介致します。
発音が難しい表現やよく使う表現には外国人講師の音声つき!

すぐに使いたくなる英語表現

すぐに使いたくなる英語表現

同じような意味でも。。。英語の使い方は要注意☆彡

英語の勉強してると、同じ意味の単語がいっぱいあって。。。ちょっとくじける、って時ない? でもそういう単語って、辞書には載ってないけど、同じ意味だけどポジティブな意味合いだったり、逆にネガティブな意味合いがあったりするから、注意が必要! いくつか例を紹介するね Kayla always recommends the best restaurants – she’s really discerning. (ケイラはいつも最高のレストランを勧めてくれるよ。見る目があるよね。) discerning は「洞察力がある」とか「見る目がある」という意味で、人を褒める時に使うよ。 I’m not sure what kind of cake to get for Jen’s birthday – she’s really particular. (ジェンの誕生日にどんなケーキを買えばいいかな。こだわるタイプだからな。) particular は「こだわりが強い」という意味。褒める時にも、まぁまぁ褒める時にも使うよ。 I hate going out to eat with my brother – he’s so picky! (弟と外食するのが嫌。好き嫌いが多すぎるんだもん!) picky は「選り好みをする」とか「好き嫌いが多い」という意味。あんまりいい意味でつかわれないよ。
すぐに使いたくなる英語表現

「悪い人」と「いい人」を英語で言うと

腐ったタマゴって臭いよね~。あの臭いは忘れられないし、二度と嗅ぎたくないよね~。 だから英語では「二度と近づいてほしくない人」のことを表すのに、bad egg を使うよ。 もし bad egg って言われる人がいたら、その人は不誠実で、行動が悪くて、問題を起こす人って言う意味だよ。 Don’t believe a word he says. He’s a bad egg. (彼の言うことを信じない方がいいよ。彼はろくでなしだから。) I’d heard people call Sara a bad egg, but I didn’t believe it until I caught her going through my purse. (サラって悪い人って聞いてたけど、彼女が私のバッグの中を探っているの見るまで信じてなかったー。) 逆にいい人のことを a good egg って言うことがあるよ。両方とも少し古い表現だけど、面白い表現だから使われることもあるよ。
すぐに使いたくなる英語表現

英語で交渉する時に便利なフレーズ

あなたは交渉上手? 値段は下げられなくても、まとめ買いしたらおまけがもらえることもあるよね☆ I’ll take the fridge and the dryer, if you throw in a toaster oven. (オーブンをおまけしてくれたら、冷蔵庫と乾燥機を買います。) throw (something) in は追加料金なしでおまけしてもらう、と言う意味だよ。 カジュアルな表現だけど、失礼な印象は含まれていないよ。もちろん小さな買い物でも使えるよ。 I’ll throw in a free postcard if you spend over fifteen dollars. (15ドル以上お買い上げの場合、無料のポストカードを差し上げます。) 今後海外でショッピングする時に使ってみよ~☆
すぐに使いたくなる英語表現

英語で「元気いっぱい」には full of beans

疲れた時にコーヒーを飲むことある? コーヒー豆に含まれているカフェインからできた、こんな表現を紹介するね。 The kids were too full of beans to go to bed. (子供たちが寝るには元気すぎだったー。) full of beans は「元気いっぱい」「エネルギーがあふれている」っていう意味で、主にイギリス英語で使われる表現だよ。 でもこの表現にはネガティブな意味もあるから注意。 Don’t listen to that guy; he’s full of beans. (彼の言うこと聞かない方がいいよ。うそばっかりだから。) アメリカ英語ではfull of beans には「ウソばかりつく」という意味があるから、使う時には注意してね。
すぐに使いたくなる英語表現

英語で「代わりを使う?ナシでする?」を表現する方法

お料理中に、「あっ!調味料が足りない!」って気づいたことある?あれってテンション下がるよね。 So, I made do with honey. And the cookies still tasted great, by the way! (仕方ないから、ハチミツで間に合わせた~。それでもクッキーはおいしかったけどね!) make do with は「代わりに~で間に合わせる」という意味だよ。 with の代わりに without を使うと、「~なしで間に合わせる」という意味になるよ。 Billy’s called in sick today so we’ll just have to make do without him. (ビリーが今日病欠だから、彼なしでやりくりするしかないね。) 最近何か代わりに間に合わせたことある?