英会話教室NOVAのワンポイントイングリッシュ「NOVA LEARNING」

使える!生きた英語表現!

うさぎ

外国人講師の音声付き

「NOVA LEARNING」では海外旅行や留学など、実際に現地で使える生きた英語表現を、カテゴリー別にご紹介致します。
発音が難しい表現やよく使う表現には外国人講師の音声つき!

日本人が間違えやすい英語表現

日本人が間違えやすい英語表現

「静かにして」の優しい英語の言い方

こんにちは、英会話スクールNOVAです。 気持ちいい午後のお昼寝。。。最高だよね。 でも周りがうるさくて眠れない!!! そんな時はどう言うかな? 今回は Be quiet. 以外の「静かにして」の言い方を紹介するよ。 Could you please keep it down?  I’m trying to take a nap. (お願いだから静かにして。昼寝しようとしてるんだから~。) Could you quiet down a little? という表現も同じ風に使えるよ☆ Keep it down も Quiet down も「静かにする」っていう意味で、 Be quiet と同じように命令形で使われることが多いけど、 Be quiet ほど強い表現ではないので、覚えておくといいかも☆。 周りでお昼寝してる人がいたら、ちょっと静かにしておこう~。
日本人が間違えやすい英語表現

「頭が真っ白」を英語で言うと

こんにちは、英会話スクールNOVAです。 みんなは何か突然のことが起こったりして、頭が真っ白になったことある? 「頭が真っ白」って英語でなんて言ったらいいんだろう? The camera zoomed in on me for my big line, and my mind suddenly went blank! (カメラが私に寄ったときに、頭が真っ白になってしまってセリフを完全に忘れてしまった!) go blank は「頭が真っ白になる」と言う意味。my mind と一緒に使わなくても大丈夫。 I’d met her several times before, but my mind went completely blank when I tried to recall her name. (彼女とは何回か会ったことがあるんだけど、頭が真っ白になって名前が思い出せなかったー) Standing at the ATM, I went blank and couldn’t remember my PIN. (ATMの前で暗証番号思い出せなくて、頭が真っ白になった!) go blank を思い出せなくて、頭が真っ白にならないようにね☆
日本人が間違えやすい英語表現

「真剣に受け止める」を英語で言うと

こんにちは、英会話スクールNOVAです。 職場で、もしくは家でも「楽しむ時」と「まじめな時」の区別は大切だよね。そんな時に使える表現をいくつか紹介するね。 This project is a big deal, so take it seriously. (これは大事な企画だから、真剣にやって欲しい。) to take seriously は何かを終わらせるため、成功させるために「責任を持って欲しい」という意味。 I feel like you don’t take me seriously. (私の言ってること、中々真剣に受け止めてくれない感じがする。) to take a person seriously は「人の話を聞いて、その人がどう感じるかを考える」という意味。誰かが、you don’t take them seriously と言ったら、その人の気分を害しているかも。 Hey, I was just kidding. Don’t take it seriously. (ほら、からかってただけだよ。真剣に受け取らないで。) don’t take it seriously は「まじめに受け取らないで」という意味。 He always looks so gloomy. I wish he’d lighten up a bit. (彼はいつも暗い顔しているよね。もうちょっと元気を出せばいいのにね。) lighten up は「そんなに真剣にならないで」と言いたい時に使えるよ。カジュアルな表現だから、友達とか良く知ってる人に使ってね。
日本人が間違えやすい英語表現

「複雑な気持ち」を英語で言うと

こんにちは、英会話スクールNOVAです。 mix things up を前に紹介したの覚えてる?習慣やクセを変えるって意味だよ。mixed を使った別の表現を紹介するね。 A: Your sister’s getting transferred overseas! Aren’t you excited for her? (お姉さん海外へ異動になったんだよね!わくわくするでしょ?) B: Honestly, I have mixed feelings. Of course I’m happy for her, but I’ll really miss her. (正直、複雑な気持ちなんだ。もちろん嬉しいけど、寂しくなるね。) mixed feelings は「(前向きな感情と後ろ向きの感情が入り混じって)複雑な気持ち」って意味だよ。 A: Sorry your bike got stolen. (自転車が盗まれて残念だね。) B: Yeah, but I was thinking about buying a new one anyway, so I guess it’s a mixed blessing. (そうだけど、丁度新しいのを買おうと思っていたところだから、悪いことにもいい面あったとも言えるかな。) a mixed blessing は「ありがたいような、ありがたくないような」って意味。 Watch your words; we’re in mixed company. (変なこと言わないで、誰か気に触っちゃうかも。) mixed company はもともと「女の人やこどもがいる(だから悪いことは言っちゃダメ)」という意味だったけど、今は 「いろんな人がいる(だから反抗的なこととか恥ずかしいことは言っちゃダメ)」って意味で使われるよ。
日本人が間違えやすい英語表現

「田舎」を英語で言うと

こんにちは、英会話スクールNOVAです。 あなたは街の生活と、田舎での生活、どっちが好き? 「田舎での生活」を話す時、日本人は local を使いがちだよね。 △ In local areas, you’ll need a car to get around. (田舎では、移動するのに車が必要です。) でも英語では、local は田舎を指す言葉じゃないんだ。 〇 In rural areas / In the countryside, you’ll need a car to get around. (田舎では、移動するのに車が必要です。) rural area や countryside が田舎を意味するよ。 local はその地域の特定の物を話す時に使われるよ。 This café is popular with Portland locals. (このカフェは、ポートランドの地元の人のお気に入りです。) We sell locally-grown vegetables. (地元で作った野菜を売っています。) When I travel, I like to try as many local foods as possible. (旅行する時は、なるべく地元の食べ物を食べるようにします。)